お問い合わせ

TEL: 090-1217-7311

0:00 ~ 24:00

基本年中無休ですが

基本予約制です!!

疝痛などの急患にどうしても

応えられない時がございます。

診療件数過多気味のため、お断りすることもあると思いますが、ご了承ください。

 ↑

当院のボンクラ獣医師は、

極めて不健康・虚弱なため

体力的に一杯一杯になり

ダウン

往診をお断りすることも

多々ありますが、

ご了承ください

(営業部長より) 

      オゾン発生器
      オゾン発生器

オゾン治療Kastner Ozomed Basic

                 5500円 / 回(診察代別途請求)

血液クレンジング療法、いわゆるオゾン療法は、

ドイツで1957年にオゾン発生器が開発されて以来、

ヨーロッパでは広く認知されてきた治療法です。

最近では、すでに亡くなられましたが2001年に

100歳になられたイギリスのエリザベス女王の母君

“クイーンマム”が、老化予防のために定期的に受けられていた

ことでも話題になりました。

高濃度(60μg/ml)の医療用オゾンを用い、

素早く血液をオゾン化させることにより、

「体内の酸素化」「免疫機能の向上」「細胞の活性化」などの効果があり、

ヨーロッパで広く行われている治療法です。施術医師も1万人以上います。

Kastner社のオゾン発生器は、高濃度の医療用オゾンを手早く作成できるため

手早く血液クレンジング治療が行えます。

 

また、オゾンによる血液の流動性の向上・血管の拡張から循環改善などの特性を生かし、

蹄葉炎馬の蹄内の血液循環を改善することを狙い、オゾン化血液を四肢末端で

局所潅流(リムパージュージョン)を行う治療なども試みております。

まだエビデンス確認の段階ですが、新たな蹄葉炎治療の一つになればと、日々、検証中です。

 

詳しくは代理店のファインエイジング社のHPを参照ください。

http://fine-aging.jp/

 

※大変申し訳ございませんが、JRA施設及び地方競馬場内(トレーニング施設を含む)、FEI競技前

 指定日数でのオゾン治療は禁止されており、いかなる理由であれ、当院では、禁止場所・禁止期間中での

 オゾン治療の依頼は、お受けできません。

およそ150~200mlの血液を、クエン酸Na(抗凝固薬)の入ったパックに採取し、

200ml(60μg/ml)のオゾンと混ぜ合わせ、静脈より体内へ戻します。

局所潅流の場合は、投与したい四肢を駆血後、オゾンで曝気した血液を、シリンジに移動させ

ゆっくりと投与していきます。